memolog


めもめも
audidas:

electriclady-land:

wow

Is this hand fingering a galaxy…. What the fck

audidas:

electriclady-land:

wow

Is this hand fingering a galaxy…. What the fck

Source: jahjoma

Source: postfoto

hideqi:

NEXTひょっとこ In Da House (さんじゅうまる三軒茶屋)

hideqi:

NEXTひょっとこ In Da House (さんじゅうまる三軒茶屋)

Source: hideqi

hideqi:

ニラのオフサイド (黄金屋 二子玉川店<健康美食 博多もつ鍋と炭火ホルモン焼 黄金屋>)

hideqi:

ニラのオフサイド (黄金屋 二子玉川店<健康美食 博多もつ鍋と炭火ホルモン焼 黄金屋>)

Source: hideqi

megazal:

ワッペン こま犬・太鼓 | 縁起物シリーズ | 京東都 KYO-TO-TO 和片(わっぺん)

megazal:

ワッペン こま犬・太鼓 | 縁起物シリーズ | 京東都 KYO-TO-TO 和片(わっぺん)

Source: megazal

西洋人は、”見た目=能力”の人たちなんですよ。


 昔、『鉄腕アトム』をアメリカへ輸出したときです。アトムが巨大なロボットを破壊するところで、手塚治虫にクレームが入ったんです。

「小さいロボットが大きいロボットに勝てるはずがないじゃないか」
「もしアトムが強いんだったらパワーアップして巨大化してくれ」

――とアメリカ人のプロデューサーに言われたんですが、

「いや、そうじゃなくて」

――と言ったんですけども。

 日本人が持っている「小さいものが大きいものに勝つときに、そこに本質がある」こと。

 ”柔よく剛を制す”で、技だけで力に勝ったときに、そこに柔道の本質が見えるということが、やっぱりアメリカ人にあんまりないんですよ。

 これは、僕らの文化の面白さだと思います。

Source: blog.freeex.jp

do-nothing:

急性喉頭炎の美輪明宏、名古屋公演も延期に…本人直筆でおわび コメント全文

do-nothing:

急性喉頭炎の美輪明宏、名古屋公演も延期に…本人直筆でおわび コメント全文

Source: feeds.cinematoday.jp

ぼくが脚本で役立つ気づいたコツというのをお教えしよう。物語の70%くらいの位置には『主人公がすべてを失う』っていうシーケンスが必要になる。それは脚本術に書かれていること。ここで言う失うものとはなんだ? それは『主人公が序盤のときにいちばん大切だと思っていたもの』なのだ。これ重要。
主人公は序盤で間違った考え方、直さなければならない価値観を持っている。その価値観で『いちばん大切にしてるもの』というのは、このあと生まれ変わる主人公にとって実は『いちばん大切というわけじゃない』のだ!その気付きに主人公を強制的に至らせる為には『いちばん大切なものを失う』しかない。
具体例をだすと、お金が仲間より大事と言う主人公がいるとして、序盤ではお金を重視する。物語の50%くらいの位置でお金儲けが大成功し大金持ちになる。でも『全てを失って』で主人公は大金を失い、借金を背負い、そして仲間まで失う。そうなってようやく、主人公にとっての大切なものの優先順位を、
主人公にとっての優先順位を、再度見直すことができて、失ったお金より仲間のほうが大切だったかもなあと思い、仲間を助けに行くのである。そして最後には失ったお金も取り返し、仲間とファイナルシーンで笑い合うのだ、という感じ。

Source: photonskyto

junmyk:

ねたたま : ★男が女子便所入ったら問答無用で即通報なのにな - ライブドアブログ

junmyk:

ねたたま : ★男が女子便所入ったら問答無用で即通報なのにな - ライブドアブログ

Source: netatama.net